ヘルス&ボディケア

歯のセルフホワイトニングの方法や効果|おすすめアイテムも厳選して紹介!

歯のホワイトニングがどんどん人気が高まっています。歯が黄色いと不潔なイメージがあり印象は決していいものではありませんよね。

今回はそんな歯のホワイトニングが自宅で簡単にできる「セルフケアホワイトニング」専用のアイテムで評価の高いメーカーを中心に徹底調査をしました。

ぜひセルフホワイトニングアイテム選びの参考にしてみてくださいね!

自宅で歯のセルフホワイトニングって何?

歯は知らず知らずのうちに着色されてしまいますので、きちんと歯磨きをしていても食生活内容や(ワイン、コーヒーなど)やタバコによってどんどん歯が黄色くなっていきます。

歯は通常は歯医者さんやホワイトニング専門クリニックでするのが一般的でした。

しかし、最近では歯医者さんのような医療期間で使用されて歯のクリーニングマシンを家庭用(セルフ用)に開発したものが有名メーカーから多く販売されています。

歯のセルフホワイトニングとは変色した歯を専用の機器を使用して少しづつ自宅でのセルフホワイトニングで白くしていくというものです。

歯のクリーニングについて詳しくはこちらをチェックしよう!(歯のクリーニングは最近では歯医者さんでも行なっているところが多くなってきています。)

自宅でのセルフホワイトニングの方法はこの3つ!

自宅で行う歯のホワイトニングには3つのやり方があります。それぞれ特徴と得られるホワイトニング効果が違います。ライフスタイルや好みで選ぶのがおすすめですよ^^

自宅セルフケア方法①

・マウスピースとホワイトニングジェルを使って、ライトを照射する本格的なグッズ

1番効果が高いと言われている方法です。歯を白くするための専用液と専用ライトを使用してじっくりとケアをします。歯のホワイトニングクリニックで行うやり方に一番近いのが特徴です

→このセルフホワイトニング方法を見る

自宅セルフケア方法②

・専用のチップなどで歯の黄ばんだ部分に塗って浸透させる液体

これも最近では王道となってきた歯のホワイトニング方法で、有名メーカーからも数多く専用液が登場しています。簡単で効果も期待できると人気のやり方です。

→このセルフホワイトニング方法を見る

自宅セルフケア方法③

・毎日の簡単に白い歯ケアができる歯磨き粉

一番効果が出るスピードとしては緩やかではありますが、歯を白くする成分を使用して毎日歯磨きをする方法で、コツコツと行うことで徐々に確実に歯の着色汚れを落としていく方法です。一番簡単で、安全でお金もかからないのが特徴です。

→このセルフホワイトニング方法を見る

自宅での歯のホワイトニングセルフケアは上記の3つのやり方で行うのが一般的です。

おすすめの自宅用セルフケアを紹介!

海外ではマストアイテム!日本人が毎日歯磨きをするのと同じ感覚で自宅行われているホワイトニング!

自宅でできる簡単なケアで白い歯が手に入るのでとても人気があります。そんなセルフホワイトニングの方法はいくつかあります。

be smile ホワイトニングキット

楽天市場で話題になっている「歯のホワイトニング」ができる人気ホームケアキットです。

歯にホワイトニングのための専用ジェルを塗って、専用マウスピースを10分間つけるだけでOK!その後は口を軽くゆすいで、ブラッシングします。簡単に自宅でセルフケアが完了するキットです。

「酸化チタン」「ハイドロキシアパタイト」「メタリン酸ナトリウム」のステイン汚れ落としに効果的な3つの力で歯の頑固な色素汚れにアタック!

着色汚れ以外にも歯垢や歯石も落とす働きがあります。

 

速攻で効果を感じられるというタイプではありませんが、「どんどんなんとなく白くなって来る」ことを実感できる!という口コミが広がり話題に!1回あたりのコストパフォーマンスは440円なのも嬉しいですね。

こんな人におすすめ!

・歯医者やクリニックでのホワイトニングは嫌
・とにかく歯の黄ばみを改善したい
・痛くないホワイトニングが希望
・歯にダメージを与えたくない
・家族で使用できるものがいい
・簡単にケアしたい

be smileを詳しく見る

はははのは

「はははのは」は、製薬会社と共同開発された歯を白くするための歯磨き粉です。

毎日の審美習慣で取り入れることで効果を発揮します。お値段もお手頃で、刺激や歯を削ることもなく大人からお子様まで安心して使用することができる人気の歯磨き粉です。

歯のホワイトニングに欠かせない「ポリリン酸」と「メタリン酸ナトリウム」を配合!加えて邪魔な汚れをしっかりと浮き上がらせるパパイン酵素も配合されています。

こんな人におすすめ!

・歯医者やクリニックでのホワイトニングは嫌
・口臭も気になる
・痛くないホワイトニングが希望
・歯にダメージを与えたくない
・家族で使用できるものがいい
・簡単にケアしたい

はははのはを詳しく見る

 

→白を歯くするおすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介!

年間12万人以上が利用!スターホワイトニング

本当に歯を白くするためには歯の汚れを落とすだけでは完璧ではなく漂白をすることでさらに真っ白な歯になります。そんな歯の漂白をするホワイトニングは医療行為になるので、歯科医院でしか現在は施術することができません。

スターホワイトニングでは歯科医師が事前診断をして、歯科医師又は歯科衛生士が施術を行うので安心してホワイトニングができます。

1回2,500円〜でネットで好きな日を選んで予約するので、自分で歯のクリーニングをするのは少し怖いなと感じる人におすすめの人気ホワイトニングクリニックで年間12万人以上が来院しています。

料金もわかりやすくシンプルな設定で事前に把握することができるので安心して通うことができます。

LEDライトの照射回数で料金を選ぶことができます。(基本的には照射回数が多くなるほど効果が高くなります)

・LEDライト1回照射(上下16〜20本一括料金です)2,500円+税
・LEDライト2回照射(上下16〜20本一括料金です)4,910円+税
・LEDライト3回照射(上下16〜20本一括料金です)7,228円+税

こんな人におすすめ!

・歯医者やクリニックでのホワイトニングが気になる
・あまり時間をかけず歯を白くしたい
・痛くないホワイトニングが希望
・歯にダメージを与えたくない
・専門のプロにやってほしい
・費用が高すぎるものはできない

スターホワイトニングを詳しく見る
→他にもおすすめクリニックを見る

歯が黄色く着色しないようにするために

歯が黄ばんだり茶色く着色してしまう原因の多くはタバコのヤニと、食品によるステイン(色)の沈着によります。

そのため、着色予防をすることで確実に歯の着色は予防することができます。

特に飲み物によるステインがつきやすいので、着色したくなければステインを多く含む物を避けた食事をするように心がけましょう!特にコーヒーやワインには注意しましょう!

また歯のホワイトニング中はステインがつきやすくなっているので避けましょう。

~ステインが着色しやすいもの~

・コーヒー
・紅茶
・ワイン
・日本茶
・チョコレート
・ぶどう
・ブルーベリー
・タバコ
・緑黄色野菜

これらはステインに気をつけなければあっという間に歯に色素が着いてしまいます。このような色付きのものを摂取した場合には、すぐに歯磨きをすることでステインの着色を回避することができます。

また、歯磨きができない時にはキシリトール入りなどのガムを噛むことでも虫歯やカロリーを気にせずに着色を予防することができますのでおすすめです。

同じカテゴリのおすすめ記事
ヘルス&ボディケア

コンブチャのサプリはどれが良い?効果とおすすめできるサプリを紹介します

2019年2月19日
ビマジネーション
ここ数年人気が高まり、話題が止まらないコンブチャドリンクですが最近では手軽にコンブチャの効果を摂取できる【コンブチャのサプリメント】人気が高 …