MENU

ダイソーのシャッドテールワームで釣れるカマスの誘い方と仕掛け

ダイソーのシャッドテールワームで釣れるカマス

ダイソーから発売されている6個入りで110円のシャッドテールワーム。

約3インチのサイズでアジングやメバルにはちょっと大きいかもしれないけど、獰猛なカマスにはちょうどよくて他の月下美人のワームよりも食いがいい気がします。(地域による鴨)

もくじ

ダイソーシャッドテールワームを使った仕掛け

仕掛けは道糸もしくはリーダーから1.5g〜3g程度のおもりを付けてそこからヒトヒロ(1m〜1.5m)ほどのハリス(3号ぐらい)を用意してジグヘッド(1.5〜2g)をつける。

ジグヘッド単体だとゆっくりで素早く探れないのとカマスはある程度巻きスピードがあっても喰ってくるのでこの方法をやっている人が多いです。

また、ハリスはカマスの歯が鋭いのでリーダーが10ポンド以下となる1号、2号だと切られてしまう可能性が高く12ポンド以上あると理想。

ジグヘッドは1g〜2g程度でそこにダイソーのシャッドテールワームをつければOK。

リーダーはヤマトヨテグスっていう安いフロロカーボンをいつも使ってます。

ジグヘッドはダイソーのジグヘッド(1〜1.5号)でもOKだけどもカマスへのフッキングがいいのはカルティバのクロスヘッドといジグヘッドがいい感じでしたね。

誘い方はスロー巻きで時たまジャークアクション

カマスの活性が高い時なら基本的にどんなアクションをしてもいいと思いますし、表層でもどのタナで探ってみても追っかけてきて食うと思います。

カマスの活性が低い時

ただ活性の低いときは基本的に底付近のタナをスローなただ巻きで、たまにジャークアクションを入れるといい感じでした。

11月から1月ぐらいまでの寒い時期になるとカマスは基本的にボトムにいるのでそのボトム層を外して巻いてしまうと急に追っかけてこなくなります。

なのでその層を外さないようにスローに巻くのがいいと思います。

いろんなワームを試してますが、ダイソーのこのシャッドテールワームは後ろのテールがただ巻きでも結構アピールしてくれるので下手にアクションを多めに入れなくても層を外さなければ何かしらカマスが反応をしてしてくれます。

カマスのサイズが大きくなればなるほどこのワームとの相性は抜群なんじゃないかなと思いましたね。

【おまけ】ダイソーシャッドテールワームはナイトゲームもいける

ちなみにシャッドテールワームはクリアラメカラーとピンクグローカラーの2種類が3つずつ入っていますが、このピンクグローは蓄光して光ります。

ダイソーのシャッドテールワームはピンクグローは夜光

ナイトゲームでも活用するならピンクグローにUVライトを当てて使ってメバルやカサゴ、アジなどを狙うのもありだと思います。

谷口鮮魚
釣りして食べて暮らせたらそれだけで幸せな人間です。
ダイソーのシャッドテールワームで釣れるカマス

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる