Conoha WINGにアドセンスの「ads.txt ファイル」を設置する

2 min 1,680 views
ウラセツ

ウラセツ

高卒→東京→料理人→IT業界→2013年独立→2017年法人化のウェブサイト制作やマーケティング業を行っています。

FOLLOW

Googleアドセンスでの申請が通ったブログでは「ads.txt ファイル」を該当のサーバーにアップロードを行う必要があります。

↑アドセンスへアクセスして上記のような【要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。】と表示されている場合はこの手続きが必要です。

ウラセツ

ウラセツ

この手順をConoha WINGサーバーでブログ運営している方向けの手順を解説します。

アドセンスから「ads.txt ファイル」をダウンロード

  1. STEP

    Google AdSenseホーム画面から「サイト」をクリック

  2. STEP

    画面上部に表示されているads.txt項目にある「ダウンロード」をクリック

  3. STEP

    「ads.txt」というファイルがダウンロードできたか確認する

    そのファイルを試しに開いてみると【google.com, pub-############, DIRECT, F#########】という自分専用のコードが書かれていればOKです。

Conoha WINGのファイルサーバーにads.txt ファイルをアップロード

先程ダウンロードしたads.txt ファイルをConoha WINGのファイルサーバーにアップロードを行ます。

  1. STEP

    conohaのサーバーパネルへログインし「WING」>「サイト管理」>「ファイルマネージャー」をクリック

  2. STEP

    ファイルマネージャー項目内の「public_html」をクリック

    もしも複数のブログを運営している場合は対象のブログのドメイン(URL)をクリックする
  3. STEP

    ドメイン直下のファイル項目を開く

    もしも複数のブログを運営している場合は「public_html」を開くと複数のURLが表示されるので、対象のブログのドメイン(URL)をクリックします。

  4. STEP

    上矢印のアップロードボタンをクリック

  5. STEP

    先程アドセンス側よりダウンロードした「ads.txt」ファイルをアップロードする

  6. STEP

    ads.txtがアップロードされたら完了

ウラセツ

ウラセツ

これでGoogle AdSenseのads.txtファイルのアップロード作業は完了です。Google AdSenseのページ側には数日で反映されるでしょう。

ウラセツ

ウラセツ

高卒→東京→料理人→IT業界→2013年独立→2017年法人化のウェブサイト制作やマーケティング業を行っています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

6 件のコメント

  1. 申請通ったあとの警告文にびびりましたが、ウラセツさんのおかげでなんとか完了いたしました♪ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です