【Final Cut Pro X】調整レイヤーですべてのクリップに一気に適用する

2 min 23 views
【Final Cut Pro X】調整レイヤーですべてのクリップに一気に適用する
ウラセツ

ウラセツ

高卒→東京→料理人→IT業界→2013年独立→2017年法人化のウェブサイト制作やマーケティング業を行っています。

FOLLOW

Final Cut Pro Xのカラー調整はクリップ単一しか行うことができません。

AdobePremiere Proとは異なりカラー調整を一気に行える「調整レイヤー」が存在しません。

そこで外部のプラグインで調整レイヤーを追加して複数クリップにカラー調整を施す手順を解説します。

Final Cut Pro Xの調整レイヤープラグインは「Adjustment Layer」

Final Cut Pro Xの調整レイヤーを追加できるプラグインは「Adjustment Layer」です。

海外のサイトになりますが、無料プラグインとなるので追加費用がかからずダウンロードしてインストールすることができます。

  1. STEP

    Adjustment Layer提供のページへアクセスし「無料ダウンロード」をクリック

    ※本来であれば英語表記になりますが、翻訳機能で翻訳して表示しています。

  2. STEP

    オファーが表示されたらカートボタンの下の「結構です」をクリック

  3. STEP

    メールアドレス、国、都道府県を入力し「同意」のみにチェックを入れて「継続」ボタンをクリック

  4. STEP

    入力したメールボックをチェック

    ダウンロードリンクが入力したメールアドレスはてに配信されるのでメールボックスをチェックしてください。

  5. STEP

    届いたメール内の「View your order」をクリック

  6. STEP

    ダウンロードページが表示されたら「ダウンロード」ボタンをクリック

  7. STEP

    任意の場所へプラグインをダウンロード

  8. STEP

    ダウンロードした「Adjustment Layer」のZIPファイルを解凍する

    解凍はダブルクリックで行い「Adjustment Layerの名前のファイル」が表示されます。

  9. STEP

    「ムービー」>「Motion Templates」>「Titles」のファイル内に移動する

    ファインダーを開き「ホーム」もしくは「ムービー」>「Motion Templates」>「Titles」のファイルまで開きその中に解凍した【Adjustment Layer】をドラッグで格納します。

これでFinal Cut Pro Xで調整レイヤーが使えるようになります。

Final Cut Pro Xで調整レイヤーを使う方法

上記の手順が終わったら、Final Cut Pro Xを作業中であれば一旦保存→終了し、再度アプリケーションを起動してください。

すると上記のT(テキスト)マークをクリックすると【Adjustment Layer】が表示されています。

この【Adjustment Layer】内に表示されている「Long」「Medium」「Short」のいずれかをタイムラインへドラッグすると調整レイヤーが表示されます。

あとはこのレイヤーをクリックした状態で色調整を行い、幅を広げれば広げた部分まで全てのカラー調整が一気に適用することができます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です