XサーバーのFTPアカウントを作成する流れ

2 min 134 views
ウラセツ

ウラセツ

高卒→東京→料理人→IT業界→2013年独立→2017年法人化のウェブサイト制作やマーケティング業を行っています。

FOLLOW

サイト制作を共同して行う場合などに必要なFTPソフトを使う際にドメイン毎で発行できるXサーバーのFTPアカウントの作成方法の流れを解説します。

XサーバーFTPアカウントを作成する

Xサーバーのインフォパネルへログインし該当のサーバーの「サーバー管理」をクリックしてサーバーパネルを開きます。

  1. STEP

    「ドメイン設定」をクリック

  2. STEP

    ドメイン設定の項目の左側にあるFTP項目の「FTPアカウント設定」をクリック

  3. STEP

    ドメイン選択画面にてFTPアカウントを設定したいドメインの右側にある「選択する」をクリック

  4. STEP

    項目の中にある「FTPアカウント追加」をクリック

  5. STEP

    FTPアカウント情報を入力する

    ここではユーザーID、パスワードや接続先ディレクトリなどの設定を行います。

    FTPユーザー名任意のIDを作成します
    パスワード英数字、大文字小文字を組み合わせたパスワード設定
    接続先ディレクトリサーバー自体へのアクセスもしくは対象のドメイン直下もしくは各ディレクトリ先を指定することが可能
    FTP容量0であれば無制限、最大で5000MBまで指定が可能。

    ID、パスワードは任意で指定し、接続先ディレクトリは基本的に選択しているドメインの直下が望ましいです。

    例えば/home/○○○(サーバーのディレクトリ名)/○○○(対象のドメイン)までが一般的です。

    もしも他社や共同制作を行う中で共有したくない部分があれば更にディレクトリをしていすると良いと思います。

    接続先ディレクトリについてより詳しく解説してくれている方のこのブログが参考になります。

    入力が完了したら「確認画面へ進む」をクリックします。

  6. STEP

    確認を行い「追加する」

    ユーザーIDや接続先ディレクトリ、FTP容量について確認を行い、問題がなければ「追加する」をクリックします。

FTPアカウント「○○○@○○○.○○」を追加しました。と表示されればFTPアカウントの作成が完了です。

FTPアカウントを共有する場合に送る情報

Xサーバーで作成したFTPアカウントの情報を共有する場合は以下の3つの情報が必要になります。

  • サーバーホスト名
  • FTPユーザーID
  • パスワード

この3つを相手に伝えた上でFTPソフトでアクセスができるのかを確認しましょう。

ちなみにサーバーホスト名はXサーバーの「サーバーパネル」>「サーバー情報」から確認することができます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です